HOME 最新情報 セミナー情報 ホームページセミナー マンション管理コラム マンション問題研究室
contents

セミナー情報

マンション管理コラム
マンション問題研究室
相談会情報
マンション関係法令集等
お問い合わせ先
埼玉県マンション居住支援ネットワーク事務局
埼玉県都市整備部住宅課
電話048-830-5573
FAX 048-830-4888
ホームページセミナー

 各会員団体が主催セミナーで使用している若しくは今後使用する講演資料を解説とともに掲載しました。

 忙しくてセミナーに参加できない方でも、マンション管理について学習していただけます。

 内容には、執筆時の法令や情報に基づいたものが含まれている可能性がありますので、あらかじめ御了承ください。

 掲載されている本文及び資料は各会員団体の所属講師において作成されているものですので、詳細については各会員団体に直接お問い合わせください。

TOP : 第35回 終末は必ずやって来る!ビジョンと現状の乖離 ~自立管理とコミュニティーを点検する~
 投稿日時: 2018-02-01 (224 ヒット)
 マンションはいつか終末を迎えます。それをどこに置こうとするのか、それぞれの管理組合の考え方があると思いますが、できる限り長く保たせようと「長命化」を願う区分所有者もいれば、少しでも早く「建替え」をしたいと願う区分所有者もいるでしょう。
 長命化によって長く保たせてもいずれ終末を迎えます。いずれにしても、その時までに大切なのはビジョンを持ち、マンションをどのようにすべきなのか、ありたい姿はどのようなものなのかについて、みんなで決めておくことが大事です。

 だらだらと「なるようになる」というのでは、管理をしているとは言えません。区分所有者が一致団結してどの方向に向かって進もうとするのかが明確になっていることで、長期修繕計画の策定も作りやすくなり、規約もそれに沿って改正などができます。
 さらに、それらをうまく行うにはコミュニティーが醸成されていることが必須です。何事もコミュニティーが土台としてなければうまくいきません。

 管理組合からの相談で多いのが、管理会社の不誠実な対応です。それに対応するには、管理組合が管理会社におんぶに抱っこ、つまり依存しすぎないことが重要です。管理組合が自立し、主体的に運営を進めることが欠かせません。窓口業務や管理費などの収納業務は管理会社に委託するのは全く問題ないのですが、主体的に管理組合が運営する自立管理によって委託費や余計な提案によって余分な費用の出費をなくすこともできます。
 自立管理は長命化、建替え、終末において、その威力を発揮することが可能となります。つまり、「何事も自分たちで考えて決めて実行する」ということが習慣化するのです。
 ぜひとも、自分たちのマンションの行く末についてのビジョンの策定、長期修繕計画の策定などを主体的に自立的に行い、しっかりとした管理組合運営を行い、それによって楽しいマンション生活が送れるようにしましょう。
以上
2018年1月25日
NPO法人 日本住宅管理組合協議会 埼玉県支部

資料を見る(PDFファイル)


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
PageTop↑