HOME 最新情報 セミナー情報 ホームページセミナー マンション管理コラム マンション問題研究室
contents

セミナー情報

マンション管理コラム
マンション問題研究室
相談会情報
マンション関係法令集等
お問い合わせ先
埼玉県マンション居住支援ネットワーク事務局
埼玉県都市整備部住宅課
電話048-830-5573
FAX 048-830-4888
ホームページセミナー

 各会員団体が主催セミナーで使用している若しくは今後使用する講演資料を解説とともに掲載しました。

 忙しくてセミナーに参加できない方でも、マンション管理について学習していただけます。

 内容には、執筆時の法令や情報に基づいたものが含まれている可能性がありますので、あらかじめ御了承ください。

 掲載されている本文及び資料は各会員団体の所属講師において作成されているものですので、詳細については各会員団体に直接お問合せください。

 投稿日時: 2010-01-14 (903 ヒット)

1.概要 
 マンション管理組合の運営体制については、下記の方法によりそれぞれの管理組合の状況に応じて、最適な方法を選択されることが望ましいと考えられます。


 投稿日時: 2009-12-21 (619 ヒット)

(副題:マンションは自分たちで守る!)
 
 私たちを取り巻くリスク(危機)には、地震のほか風水害や火災などがありますが本セミナーでは大地震を中心とした内容といたします。


 投稿日時: 2009-03-31 (692 ヒット)

●マンションの状況に応じて

 マンションの管理は、各マンションにあった手法で行うことが大切です。


 投稿日時: 2009-03-03 (550 ヒット)

 

 マンションは都市型住宅として大都市を中心に普及しており、平成18年末で500万戸程度という数字となっています。


 投稿日時: 2008-12-19 (562 ヒット)

-管理組合の防犯への取組みについて- 

 

 かつて「安全と水はタダ」といわれた日本ですが、今や大きく変わってしまいました。


 投稿日時: 2008-11-28 (551 ヒット)

 一般的に、耐震診断・耐震改修が必要なマンションは、昭和56年以前の「旧耐震基準」により設計されているマンションです。


 投稿日時: 2008-10-28 (752 ヒット)

 マンション管理組合総会の開催・運営手法は、マンションの形態(単棟型・複合型・団地型など)や規模により異なることがあります。そこで、ここでは一般的共通事項である「決議」に関することを中心にご説明します。


 投稿日時: 2008-09-16 (502 ヒット)

 マンションに住むこと=集住では、共有財産(マンション)の保全と健全な共同生活の運営が求められます。この成否に大きく関わるのがコミュニティのありようです。


 投稿日時: 2008-02-13 (534 ヒット)

 分譲マンションには、「ひとつの建物を共同所有する複数の人々
が、その建物内で生活を営む」という特徴があります。


 投稿日時: 2007-12-11 (576 ヒット)


1 管理規約とは


 投稿日時: 2007-11-12 (581 ヒット)


マンションは、職業・価値観等を異にする多数の区分所有者の共有財産です。このため、大規模修繕工事を行う際には、合意形成のために多くの時間を必要とします。又、居住したまま長期にわたり工事をするため、各種のトラブルが生じやすいものです。


 投稿日時: 2007-10-11 (584 ヒット)

 管理費の節約

 

 マンションで末永く快適に暮らしていくためには、マンション管理組合が主体となってマンションをしっかりと管理していく必要があります。しかし、マンション管理に必要な業務は非常に多く、専門的な技術や知識が必要となるものもありますから、多くのマンション管理組合では、業務を管理会社などに委託していることと思います。委託をすると、当然お金を支払う必要がありますが、その金額は果たして妥当なものでしょうか?マンションが分譲されてから、委託業務内容を一度も見直していないケースも見受けられます。こういった場合、マンション管理組合が過大な経費を負担していた、ということがよくあります。一度、管理組合でマンション管理にかかる経費を見直してみてはいかがでしょうか。ここでは、その手順と留意点について説明します。


 投稿日時: 2007-09-06 (567 ヒット)

マンション管理をしていく上で、自分たちのマンションをどのようにしたいのかということについて、他のマンション購入者(所有者)たちと腹を割って話し合うことは必要不可欠です。そのためには、他の購入者(所有者)と良好なコミュニティを形成することが大切です。日ごろからあいさつをするなどして、他の所有者と交流するように努めましょう。


« 1 (2)
PageTop↑