HOME 最新情報 セミナー情報 ホームページセミナー マンション管理コラム マンション問題研究室
contents

セミナー情報

マンション管理コラム
マンション問題研究室
相談会情報
マンション関係法令集等
お問い合わせ先
埼玉県マンション居住支援ネットワーク事務局
埼玉県都市整備部住宅課
電話048-830-5573
FAX 048-830-4888
マンション問題研究室

 マンション問題について、様々な見方から切り込んでいます。解決方法は複数あることがわかります。
 内容には、執筆時の法令や情報に基づいたものが含まれている可能性がありますので、あらかじめ御了承ください。 
 掲載されている本文及び資料は各会員団体が作成したものですので、詳細については各会員団体に直接お問合せください。

 

 投稿日時: 2017-07-06 (222 ヒット)
 10階建てマンションの503号室を昨年9月に投資目的で購入したオーナーは外国人です。購入して間もなく専有部分の大改造工事に着手し、工事最中にやっと専有部分の改造の許可申請書を提出してきました。理事長は、改造内容が申請書どおりか確認するためにオーナーと連絡を取ろうとしましたが、なかなか連絡が取れず室内立入り調査ができないうちに室内の改造工事が完了してしまいました。
 新年早々、外国人と思しき人たちが503号室を入れ替わり訪れるようになりました。オーナーの妹が近くに住んでいることがわかり、兄に代わり妹から改造内容の説明を受けたところ、①室内を5つに間仕切りし、②洗濯室をシャワールームに改造、さらに③民泊のあっせん業者(IT企業)に5部屋として登録した、との驚くべき内容でした。

 一方、301号室は別の外国人オーナー。3階居住者の目撃情報によれば複数の外国人が1~2か月程度で入れ替わっているとの事。どうやらシェアハウス(脱法ハウス)を運営しているようです。管理組合が警察や消防署に相談しても、オーナーは日本語が通じず事態は一向に改善しません。

 管理規約では、(専有部分の用途) 「区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。」と定められているので、規約違反の使用方法だと思うのですが、場合によっては原状回復を求め、シェアハウスの運営も中止させたいのですが、管理組合としてどのように対応すべきか教えて頂きたい。

 投稿日時: 2017-07-06 (180 ヒット)
 築35年のマンションです。昨年8月、屋上の給水管露出部分から漏水事故が発生しました。
 応急処置した業者は「今後、いつどこから漏水事故が起きても不思議ではない」との説明がありました。管理組合としては専有部分含めた給水管の一体化更新工事が急務と考えていますが、区分所有者の一部から「年金生活なので一時金徴収などの自己負担は困る。自己負担しなくて済むなら更新工事の事業案に賛成する」との強い要望が出されました。
 専有部分含めた給水管更新工事の資金として修繕積立金を取り崩しできるようにし、かつ金融機関からも融資を認めてもらえるようにしたい。
 管理組合として管理規約改正も含め、どのように対応したらよいでしょうか?

 投稿日時: 2014-02-10 (4325 ヒット)

  通常総会の2ヶ月前に監事が自分の専有部分を売却して転出してしまいました。

私達の管理規約の役員に関する規定では、「理事及び監事は、マンションに現に居住する組合員のうちから、総会で選任する。」、「役員が組合員でなくなった場合には、その役員はその地位を失う。」となっています。 

 投稿日時: 2010-01-26 (1818 ヒット)

 築30年のマンションで、30年前の分譲時の管理規約のままで一度も改正していません。この規約には、窓枠、窓ガラス、玄関扉について何も規定していません。この場合、これらは 専有部分になるのでしょうか、共用部分になるのでしょうか。
 今後、規約を改正したいと考えていますが、窓枠、窓ガラス、玄関扉は専有部分とすべきでしょうか、共用部分とすべきでしょうか。
 規約で共用部分とした場合の維持管理について教えてください。


PageTop↑